忍者ブログ
しな~っとつづる、カーリングと日常と愛

2018

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0603
個人的に思うことですが、
【真剣にやること=楽しくなくなっちゃう】 なーんてことは絶対に無いと思うんですよね~。
真剣度が増すほどしんどくなっちゃうことは多いと思うけど、じゃあ何のために練習するのか。何故うまくなりたいのだろうか。
それは試合で思い通りに石を投げるため。それって「勝つ」ため。 スポーツだから、試合だから、勝ちたいって普通の気持ち。

「良い試合をする」って言葉がよく使われるけど、良い試合するって全力を尽くすってことでしょ?全力を尽くしてどうするのって、勝ちに行くってことですよね。
 だから練習するし、ちょっとでもうまくなりたいって思うんじゃないでしょうか。

【真剣にやらないこと=楽しい】 では決してないと思います。らくちんかもしれないけど。

「楽しい」の要素はラクチンだけではないです。
怒ったり泣いたり、悲しかったり悔しかったり、嬉しかったり気持ちがよかったり、そうゆういろんな気持ちがあること、感情が起こることがなにより楽しい。
真剣にやったからこそ気付く楽しさって、なかなか得難いけど、凄く大きい喜びなんじゃないかと思います。

足羽山は誰でも簡単に登れて、富士山に登るのはめっちゃ大変。
足羽山に登る楽しさももちろんあるけど、 富士山には富士山にしかない醍醐味があるよ、みたいな。
足羽山もいいけど、富士山からじゃないと見えない景色ってあるから、それ見に行こうぜ☆的な。

絵が好き、だから絵を描く。もっとうまく描きたい。なぜか?それは自分の気持ちを適切に表現したいから。より人に伝えるため。
趣味で絵を描きたいか、プロとして絵を描きたいか、そんな感じなのかしら。
どっちも有りだし、どっちもいなきゃ困っちゃうよね。

うーん。 結局大事なのは個人の意志なのかな。なんのために関わるかという意志。気持ち。
恐れることは何もない・・・なんせプロじゃないし。殺されるわけでもない。

やれるとこまでやってみたらいいやん!

と自分に言ってみるテスト。

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
押すとビーフ。右クリックでカレー
うにくろっく
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[05/13 backlink service]
[04/21 emo]
[04/20 #17tomo]
[02/20 emo]
[02/14 #17tomo]
プロフィール
HN:
mipo
HP:
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
カーリング、まったりすること、たんぼを見てなごむこと、たくさんねること
自己紹介:
愛知県立芸術大学カーリング部【AGC】の初代部長であり元ちーむわかめ。放浪の末、長野県のGALLOPに拾われました。えもちゃんとかえもりとか呼ばれてます。2010年春、就職のため地元福井に戻ってきました。カーリング環境のない土地にいながら仕事と趣味の両立はできるのか、検証中。(last up date:2011年1月)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カーリング精神
カーリングは技量と伝統のスポーツです。的確に達成されショットは、見た目にも楽しいものですが、それだけにとどまらず、ゲームの真髄に活かされている由緒ある伝統を観ることは、素晴らしいことです。カーラーは勝つためにプレーしますが、決して相手をいやしめるようなことはしません。真のカーラーは、フェアーでない勝ちよりも、むしろ負けることを選びます。  良いカーラーは、相手の気を散らしたり、相手のベストを尽くしたプレーを妨げるようなことは決してしません。  カーラーは、意図的に競技の規則や慣習を破ることは決してしません。しかし、不注意にも破ってしまい、それに気づいた場合は、まっさきに違反を申し出ます。  カーリングゲームの主な目的は、競技者の相対的な技量を決定することですが、一方、ゲームの精神は、立派なスポーツマンシップ、親切な思いやり、高潔な態度を強く求めています。  この精神は、競技規則の解釈や適用に活かされるべきであると同時に、アイス上、アイス外を問わず、すべての参加関係者の行為に活かされるべきです。 
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP