忍者ブログ
しな~っとつづる、カーリングと日常と愛

2017

1124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0122
明日から中部選手権です。
【Link】第16回 中部カーリング選手権大会

-----------

カーリングは飽くまでも趣味。

大事な趣味の時間だから、やるときは自分も他の人も、なるべく楽しくできるのが良いと思います。

それぞれ価値観が違うから、口で言うのは簡単で、実際に突き詰めると難しいですけどね。

私は多くの先輩カーラーさん達が労力を惜しまずに多くの人が楽しめるようにと尽力してきている姿を見てきて、カーリングってすばらしい競技だなと思っています。


カーリングにおいて、価値観ややり方が違う誰かを露骨に非難したり、故意に足を引っ張るようなことはあってはならない事です。

楽しい気持ちを半減させてしまうようなことは、当たり前だけどカーリングに携わる者としてやってはいけない。

氷上は、純粋に競技性で競い合う場所。

カーリングの精神は…
 カーラーは勝つために全力を尽くすが、決して相手を見下してはならない。
 相手がベストを尽くすのを正々堂々と静かに見守り、敗れたときはそれを受け入れて相手を讃えよ。
 相手が不当に勝つのであれば、むしろ負けを甘受せよ。
 規則に違反したり伝統を汚したりしたときは自ら申し出よ。といったもの。
(わかりやすいので小説シムソンズから抜粋)

スポーツマンシップとフェアネスの精神が大事にされているカーリングが私は好きです。

-----------

去年、中部選手権に行くときに1つチームで決めた約束があります。

私たちは技術も経験もまだまだ未熟で、迷惑をかけてしまうこともあるだろう。

すぐに上手くなれないけれど、カーリング精神を持つことは今すぐにできる。

ルールを勉強したり、試合でもたつかないようにするとか、相手や周囲に迷惑をかけないことはいくらでも意識ができるから、それだけはやろうと。

気持ちだけでも一人前のカーラーとして氷上に立とうと約束をしました。

実際、試合は当然負けまくりましたが、私たちなりに真摯にカーリングに取り組んでいたと思います。



あれから1年経ってあいかわらずまだまだへたっぴだけど、あのとき思ったことは今も変わらないです。

チームが変わっても、私は選手としてやるべき事をやって、カーラーとして取るべき態度を取るだけです。

チームのみんなで良い試合をする。みんなでがんばる。

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
押すとビーフ。右クリックでカレー
うにくろっく
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[05/13 backlink service]
[04/21 emo]
[04/20 #17tomo]
[02/20 emo]
[02/14 #17tomo]
プロフィール
HN:
mipo
HP:
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
カーリング、まったりすること、たんぼを見てなごむこと、たくさんねること
自己紹介:
愛知県立芸術大学カーリング部【AGC】の初代部長であり元ちーむわかめ。放浪の末、長野県のGALLOPに拾われました。えもちゃんとかえもりとか呼ばれてます。2010年春、就職のため地元福井に戻ってきました。カーリング環境のない土地にいながら仕事と趣味の両立はできるのか、検証中。(last up date:2011年1月)
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カーリング精神
カーリングは技量と伝統のスポーツです。的確に達成されショットは、見た目にも楽しいものですが、それだけにとどまらず、ゲームの真髄に活かされている由緒ある伝統を観ることは、素晴らしいことです。カーラーは勝つためにプレーしますが、決して相手をいやしめるようなことはしません。真のカーラーは、フェアーでない勝ちよりも、むしろ負けることを選びます。  良いカーラーは、相手の気を散らしたり、相手のベストを尽くしたプレーを妨げるようなことは決してしません。  カーラーは、意図的に競技の規則や慣習を破ることは決してしません。しかし、不注意にも破ってしまい、それに気づいた場合は、まっさきに違反を申し出ます。  カーリングゲームの主な目的は、競技者の相対的な技量を決定することですが、一方、ゲームの精神は、立派なスポーツマンシップ、親切な思いやり、高潔な態度を強く求めています。  この精神は、競技規則の解釈や適用に活かされるべきであると同時に、アイス上、アイス外を問わず、すべての参加関係者の行為に活かされるべきです。 
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP